HOMEリフォームQ&Aキッチン・LDK >キッチンのタイプにはどんな種類がありますか?

キッチンのタイプにはどんな種類がありますか?

オープンタイプ

キッチン、ダイニング、リビング全てが見渡せるタイプで、広がりが出る為、インテリア性が高いキッチンといえます。
ただし、どこからでも誰からでも見られるキッチンとなるので、収納や片付けに注意が必要です。

オープン対面タイプ

現在最も人気のあるスタイル。
対面式のキッチンでダイニング側には壁や吊り戸棚がなくオープンで開放的。
配膳や後片付けがスムーズに行えますが、キッチンが丸見えになるので気をつける必要があります。

セミオープンタイプ

カウンターなどで区切られており食卓からは作業場はあまり見えませんが、キッチンとは完全にシャットアウトできない為、臭いや煙が流れる、といった事もあります。

クローズドタイプ

キッチンだけが個室として独立しているタイプです。
中が見えないので調理に専念できますが、他の部屋の様子はわかりにくい面もあります。

配列によるタイプ

I型

ガス台、調理台、シンクが一列に並んだ型で、作業しやすくスペースをとりません。

II型

ガス台などと調理台が2列になっている型でスペースがフル活用できます。

L型

L字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型でゆとりがあります。
複数の人がいても動きやすいのが特徴です。

U型

U字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型で作業しやすい効率的な配置です。
キッチンのスペースにゆとりがある場合に向いています。

アイランド型

離れ小島の様に、キッチン全体又は一部を独立させたタイプ。広いスペースが必要です。

ペニンシュラー型

一部を半島のように突き出させています。家族とのコミュニケーションを重視したキッチンスタイル。


以上のようなタイプに分けられますが、家族構成や生活習慣も充分考慮し、どのタイプが適しているか自分の家に合うキッチンを選び出すことが大切です。