HOME > 中古住宅とリノベーションについて

中古住宅とリノベーションについて

中古住宅とリノベーションの長所・短所について

中古住宅とリノベーションの長所・短所について

住まいの理想を実現できる、と今人気の「中古住宅購入後にリフォーム」をするという購入方法。

中古住宅を購入すると同時に内装や外観などを自分好みに変更できる「リノベーション」。

補修工事とは違い、既にある中古住宅に最新のデザインやライフスタイルに合った間取りに変えることで、新たな価値を生み出す手法です。

 

また土地付き中古住宅であれば土地部分の資産価値も加わりますので、より一層のリノベーション効果が期待できます。

 

限りある資産を有効に利用するという点でも「中古住宅+リノベーション」という手法は今後ますます増加していくと思われます。

無理なく理想的な住宅購入をしたいとお考えの方は、この方法を選択することをおすすめ致します。

長所1 新築住宅より物件価格が安い

女性アイコン

中古物件は、同じ条件の新築住宅より3~4割は安くなると言われています。

リフォーム代が加算されても、新築よりもはるかに費用を抑えることができます。

長所2 物件の数が多く、自分に合った条件を比較的自由に選べる

女性アイコン

新築住宅だと、例えば通勤通学に便利な場所などは人気があるので過当競争になる可能性が高いです。

一方中古住宅は、物件の数や種類がとても多く、立地面でも住みたい場所や沿線を自由に選べたり等、条件に妥協せず理想の間取りの住宅を探すことができるのです。

もし気になる箇所があれば自分好みにリフォームすることができるので、自由度が高いという面も人気のひとつです。

長所3 物件を下見して確認できる

女性アイコン

新築住宅は、完成して実際に暮らしてみるまで「生活イメージ」がわきにくいことがあります。

中古物件なら事前に物件の管理状態や生活雰囲気を確認でき、その上で自分好みの部屋をリフォームで作りなおせるので満足度の高いお部屋に住むことが可能です。

また、物件を内覧する際にリフォーム会社も同行することができればより正確に物件の状態を把握でき、リフォームがスムーズに行えます。

新築住宅との長所比較

近年は新築のみだけでなく、中古物件を踏まえた幅広い選択肢から自分に合った住宅を選ぶ傾向が増加しています。新築住宅と中古住宅の良い点を比較し、確認しておきましょう。
新築は最新性能の家を建てることができるのが良い点で、中古住宅は希望立地を手頃な値段で購入できます。それぞれの良い点を理解し、どちらにするかよく考えましょう。
新築住宅

■最新の品質が入手できる  ■自分の好きな間取りが作れる
■新しくてきれい

中古物件

■コストパフォーマンスが良い  ■価格の下落スピードが緩やか
■希望立地の物件が入手しやすい

短所についても把握しておきましょう

短所1 リフォームのためのローンが組めないことがある

男性アイコン

購入金額とリフォーム費用を組み込んでローンを組むことも可能ですが仮に購入から一定期間あけて別でリフォームローン組もうとすると、断られることもあります。

購入とリフォームをセットで扱えるリフォーム付住宅ローン商品もまだ少ないので、事前の調査が必要になることもあります。

短所2 事前の確認を怠ると希望通りにいかない可能性がある

男性アイコン

特にマンションの場合、共用部分や配管に関わる部分などはリフォームが出来なかったり、独自の制約項目を設けているところもあるので、希望通りのリフォームができない物件もあるのです。

また、一戸建てに関しても工法によって実現可能なリフォームの範囲が異なる場合があります。

どこまでリフォーム可能か事前の情報収集を怠らないようにしましょう。

様々な長所・短所のある中古住宅+リフォーム。

住宅購入を検討する際は安心安全な資金計画・住宅ローンを立てることが重要。

「住宅のプロ」とよく相談をすることが、理想の住まいを実現させる秘訣です!

新築・中古等幅広い選択肢の中からお客様に最適な購入物件をお探しいたします。

ご相談、お問い合わせ等お気軽にどうぞ。

リフォームのお問い合わせはこちら